このサイトでは、民間保険を平易な言葉使いで、総合的に解説しています。

民間保険の特徴とメリット
民間保険の特徴とメリット

民間保険の総合事典

もしもに備えるために、保険があります。
最近では、企業が積極的に保険を利用し、危機管理の一種としているようです。
かつては、危機管理と言えば、起きた後の対処のようでした。
しかし、今では、起きた後ではなく、起きる前から何らかの対処をしようというのが、危機管理となっているようです。
そのため、企業は、保険を活用し、社員に加入を進める時代となっています。
もちろん、一個人であれば、ここまで考慮することはない、と言えます。
しかし、もしもの際の備えとは、そういう面もあるため、企業のあり方も、時に参考になるのではないでしょうか?
そんな保険でも、大きく分ければ、社会保険と民間保険があります。
どちらも仕組みとして、同じようであり、同じ理念の元に立っています。
しかし、社会保険は、組合が運用し、企業でも公的機関でも、それぞれのグループ毎で管理をしています。
一方、民間保険は、保険会社が運用しています。
そのため、社会保険とは異なったリスクがあることは確かです。
つまり、倒産というリスクです。
バブルが弾けた時、保険会社が倒産してしまい、大きなニュースとなりました。
それまで、保険会社が倒産することはない、という神話がまかり通っていました。
これは、銀行にも当てはまることでしたが、結局、バブル崩壊の力が強く、保険会社でも銀行でも、倒産するケースが相次ぎました。
今では、保険機構ができているため、セーフティーネットも構築されています。
しかし、それでも完璧ということはありません。
納めた保険料がすべて戻って来ることはないからです。
そうであっても、バブル崩壊前には考えられなかったセーフティーネットがあることは、加入者にとっては、安心感につながることでしょう。
また、日々のニュースで伝わっているように、社会保険については、財政不安がつきまとい、少子高齢化の影響が非常に強くなっています。
そのため、人々も間に不安感が広がっていることは確かなことです。
そのため、民間保険に加入することで、補完的に利用しようとする人が多くなっています。
中には、補完以上の役割を見いだしている人もいるようです。
しかし、たとえそうであっても、先でお話した倒産リスクを忘れないことが、重要でしょう。
このサイトでは、こんな民間保険についてのガイドのような形を取っています。
なお、金融庁では、保険を契約している方へというコンテンツをホームページで公開しています。
一読しておく価値はあるかと思います。